時をかける少女未来で会えない?千昭と真琴のその後を考察!

時をかける少女 未来で 会えない アニメ
Pocket

今回は、「時をかける少女未来で会えない?千昭と真琴のその後を考察!」と題してお送りします。

時をかける少女が金曜ロードショーで放送されるのが楽しみですね!

時をかける少女は、かなり昔からある小説が原作の作品で、アニメ映画化される前に実写ドラマや実写映画もされていたんです。

アニメ映画の時をかける少女は、原作からアレンジしてある部分もあるためか、全く古さを感じさせませんよね。

また、千昭と真琴のはかない恋心にも胸が苦しくなりますよね。

そこで、時をかける少女で千昭と真琴は未来で会えないのか、二人のその後についても考察していきたいと思います。

細田守監督作品は、本当に面白くて感動的で素敵なアニメ作品ばかりですよね!

私は、バケモノの子とサマーウォーズが大好きです!

そんな細田守作品が大好きな方に朗報です!

Huluなら細田守監督の複数の作品が見放題なんです!

さらに、今なら2週間無料と超お得なキャンペーンを実施中!

2週間無料で、好きな作品が見放題なんです!

しかも、期間以内に解約したら、お金は1円もかかりません。

こんなお得なキャンペーンいつ終わってしまうかわかりません!

ぜひ、キャンペーンを実施している今のうちにご利用してみてください!

\今なら2週間無料!登録簡単!/

Aa24 6570 68480

今すぐ細田守監督作品を無料で見る!

※筆者執筆時点の情報のため、最新情報はHuluのサイトをご確認ください。

 

時をかける少女で千昭と真琴は未来で会えない?

時をかける少女の最後のシーンで、千昭が真琴に対していう「未来で待ってる」というセリフがありますよね。

本当に千昭と真琴が未来で再会できたらうれしいことですよね!

しかし、結論から言うと千昭と真琴が再開することは難しいのかと思います。

ではその理由について掘り下げていきたいと思います。

 

千昭はかなり先の未来から来た

劇中の千昭の発言から、千昭はかなりの未来から来ていることがうかがえますよね。

千昭が来た未来は、真琴の入る時代と比べて、

  • 川が地面に流れていない
  • 自転車がない
  • 空が狭い
  • 人が少ない

ということがわかりましたよね。

これらのことから、現在とは比べられないほど発達した未来、あるいは、いろいろなものが崩壊してしまって廃れた未来から来たことが考えられます。

これほど違う未来が数十年先に実現していると考えることは難しいですよね。

およそ百年程、もしかしたら数百年ほどの未来かもしれません。

そんな未来から千昭が帰ってしまったのだとしたら、真琴はさすがに生き延びていられませんよね。

そのため、千昭と真琴が再会することは難しいと考えられます。

 

真琴がどうなっているかわからない

次に考えられる理由としては、真琴がどうなっているかわからないということです。

真琴は、タイムリープを使ったために自分の命が救われましたよね。

ですが、他のSFのストーリーでもあるように、過去を変えてしまうと未来が変わってしまうので、それを修正する必要が出てきますよね。

そのため、真琴は近いうちにまた事故などに会って帰らぬ人になってしまうかもしれません。

また、そうならなかったとしても、仮に千昭が何十年先から来ていて、真琴が生きていたとしても学生時代にあったことを何十年間も覚えていて、千昭のことを忘れることはないにしても、それほど重要に思っていないかもしれません。

 

未来が変わってしまった

またもう一つ考えられる理由としては、未来が変わってしまい、千昭が存在しない世界になっているかもしれません。

千昭が真琴たちの時代に来ることで、その時代に起こるはずがなかったことが起こってしまい、そのために千昭の先祖が出会わずに、千昭がこの世に生まれてこない世界になっているかもしれません。

そうなってしまうと、千昭のことを知っているのは真琴たちだけになってしまい、千昭の存在は未来から消えてしまい、二度と会うことはかなわなくなるかと思います。

 

時をかける少女の千昭と真琴のその後を考察!

真琴と千昭が会えるかについて考察してみましたが、やはり未来で会うのは難しく思いますね。

ですが、願わくばハッピーエンドであってほしいですよね。

そこで、時をかける少女の二人のその後について、ハッピーエンドのパターンを3つ考えてみました。

 

ハッピーエンドの場合

2人は未来で会えないとしても、何らかの形でハッピーエンドであってほしいですよね。

そこで幸せな終わり方のその後について、考えてみたのでご紹介します。

  1. 真琴が千昭にメッセージを残す
  2. 千昭が真琴の子孫に会うことができた
  3. 千昭が真琴の子孫だった

 

1.真琴が千昭にメッセージを残す

真琴が何年も残る形でメッセージを残したかもしれません。

タイムカプセルかもしれませんし、石碑のようなものかもしれません。

あるいは、千昭が見たいと言っていた絵を見つけ出し、その額の裏にメッセージを隠しておき、その絵を代々大切にしておくように伝えて、自分の子供や孫もその絵を大切にとっておくのです。

そして、千昭が未来に帰ると、その時代には自分が見たかった絵が存在しており、その額を調べていると真琴から千昭へのメッセージがか書かれており、幸せな気分になる。

 

2.千昭が真琴の子孫に会うことができた

真琴は、千昭が未来から来たということから、それが未来のどこなのか何年後かもわからないため、探すすべはありません。

ですが、いつか千昭が真琴を探しに来るかもしれないことを予想して、自分の子孫たちに「千昭という男性が自分の名前を訪ねてくるかもしれない」と言い伝えていたかもしれません。

そして、千昭は真琴がもともとどこにいたのかということは少なくともわかっていますよね。

なので、真琴の情報をもとに真琴の子孫へたどり着き、真琴の面影が残る子孫に会うことができて、嬉しい気分になる。

 

3.千昭が真琴の子孫だった

千昭は、自分が未来に戻った後に、真琴たちがいた時代のことや過去の資料や写真などを調べていました。

すると自分の祖先たちの写真がでてきたのです。

そして、そのなかには、あの頃の真琴の写真や真琴が結婚し、子供ができ、その子供が大人になって結婚して、というのをたどっていくと自分にたどり着き、真琴が自分の祖先であったことに気が付くのです。

びっくりするとともに、自分がタイムリープしたおかげで、真琴もタイムリープして命が救われたこともあったので、少しほっとした気分になったのです。

 

バッドエンドのパターン

バッドエンドのパターンについても考えてみました。

真琴は、千昭に会えることを信じ続けてどんどん年を取っいきますが、どうしても千昭のことを忘れられずに、結婚せずに孤独な暮らしをし続けます。

そして、老衰により亡くなってしまいます。

晩年には、ボケ始めてしまい、よくわからないことも言うようになっていたかもしれません。

千昭も真琴のことを探してみますが、真琴の情報を見つけることができずに諦めてしまいます。

こんな感じになるのでしょうか。

なんか微妙な感じなので、やはり細田守監督の作品はハッピーエンドの方がしっくりくる気がしますよね!

 

まとめ

今回は、「時をかける少女未来で会えない?千昭と真琴のその後を考察!」と題してお送りしました。

時をかける少女、SFではあるものの、青春の切ないストーリーが良いですよね。

二人がハッピーエンドになれたらよいのですが、その後については原作には描かれていないようなので、私たちが想像するしかありませんね。

皆さんもぜひ、千昭と真琴のその後について想像してみてはいかがでしょうか?

\今なら2週間無料!登録簡単!/

Aa24 6570 68480

今すぐ細田守監督作品を無料で見る!

コメント

タイトルとURLをコピーしました