山上容疑者安倍襲撃事件のスピード映画化がヤバすぎる!みんなの反応をご紹介!

山上容疑者 安倍襲撃事件 スピード映画化 ヤバ エンタメ
Pocket

今回は、「山上容疑者安倍襲撃事件のスピード映画化がヤバすぎる!みんなの反応をご紹介!」と題してお送りします。

 

山上容疑者安倍襲撃事件のスピード映画化がヤバすぎる!

ニュースでは以下の通り語られていました。

「山上容疑者の半生を描いた映画です。生い立ちから銃撃に至るまでを追ったもので、なんと国葬がおこなわれる予定の9月27日に公開をぶつけようとしているようです。統一教会から撮影を妨害されることを恐れ、撮影現場などはいっさい秘密です」  監督は足立正生氏だ。1974年に重信房子氏が率いる日本赤軍に合流して国際手配された経歴を持ち、これまでにもドキュメンタリー『赤軍 PFLP・世界戦争宣言』(1971年)を監督した経験を持つ“過激派”だ。 「自身も“テロリスト”として国際手配されたこともある足立さんですから、山上容疑者を非難するどころか、彼の人生や主張に徹底的に寄り添ったものになるでしょう。本人は『山上を礼賛するのではなく、作品が山上そのものになるんだ』と意気込んでいるようです」(同前)

Yahooニュース

 

山上容疑者安倍襲撃事件のスピード映画化みんなの反応は?

まとめ

今回は、「山上容疑者安倍襲撃事件のスピード映画化がヤバすぎる!みんなの反応をご紹介!」と題してお送りしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました