スポンサーリンク

目黒蓮主演ドラマ「海のはじまり」、早くも暗雲!? 音量問題で視聴者から不満噴出!「エアコンの方がまだ聞こえる」

目黒蓮主演ドラマ「海のはじまり」、早くも暗雲!? 音量問題で視聴者から不満噴出!「エアコンの方がまだ聞こえる」 エンタメ
スポンサーリンク
Pocket

ドラマ「海のはじまり」は、2024年7月1日(月)
からフジテレビ系「月9」枠にて放送開始しています。

しかし、思わぬトラブルに見舞われています!
なんと、主演の目黒蓮(Snow Man)の声が
「小さすぎて聞こえない!」と、視聴者から不満の声が殺到しているのです。

【つれづれチャンネルでは、より詳しく説明しています↓】

聞こえない原因は、ドラマの演出によるものなのか、はたまた彼の滑舌の問題なのか…?

一部の視聴者からは、目黒さんの演技ではなく、セリフ自体が聞き取りにくいという意見もあります。
字幕放送や音声ガイドの利用を推奨する声もあります。

SNS上では、「音量MAXにしても聞こえない」「せっかくの演技がもったいない」
「エアコンの音でセリフがかき消される」といった辛辣な意見が飛び交う一方、
「雰囲気に合っていて良い」「表情で伝わってくる」と擁護する声も。

【ストーリー】
目黒蓮:
月岡夏(つきおか なつ):主人公。
東京の印刷会社に勤務する28歳の青年。
大学時代に交際していた女性との間に、認知していなかった娘がいることが発覚し、
父親としての自覚に葛藤しながらも、娘との絆を深めていく。

有村架純さん:
百瀬弥生(ももせ やよい):夏の恋人。
仕事の関係で夏と出会い、交際を始める。
結婚も視野に入れていた矢先に、夏に娘がいることを知り、
複雑な心境を抱えながらも、夏を支えようとする。

ドラマは、主人公の夏が突然父親になるという状況に直面し、
戸惑いながらも、娘や恋人との関係を通して成長していく姿を描いています。
親子の愛、恋人との愛、そして自分自身を見つめ直す姿など、様々な形の愛が描かれるヒューマンドラマです。

【原因分析】
・単純に音響技術的な問題かもしれません。
・あるいは、演出上の意図で、あえて声を小さくしている可能性もあります。
・また、目黒蓮さんが演じる主人公の性格が、
内向的で口数が少ないという設定であることも影響しているかもしれません。

制作サイドは、この事態を重く受け止め、早急な対応が求められるでしょう。
このままでは、せっかくの話題作も台無しになってしまうかもしれない。

【ドラマを作る人たちへのお願い】
・幕をつけてくれたら嬉しいな!
・役者さんには、もう少し大きな声で話してほしい!

視聴率は好調なものの、この音量問題が今後のドラマの行方を左右すると言っても過言ではありません。
果たして、このピンチを乗り越え、視聴者の心を掴むことができるのか?

今後の展開から目が離せない!

【元ネタサイト↓】
https://smart-flash.jp/entame/294421/1/1/

スポンサーリンク
エンタメ芸能人
abcをフォローする
つれづれブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました