耳をすませば翼をくださいがなぜ主題歌?実写映画カントリーロードじゃない理由は?

耳をすませば 実写 なぜ翼をください エンタメ
Pocket

今回は「耳をすませば翼をくださいがなぜ主題歌?実写映画カントリーロードじゃない理由は?」と題してご紹介します。

いよいよ耳をすませばの実写の映画が2022年10月14日公開になります。

映画ではジブリで描かれていた中学生時代に加え、主人公たちの10年後の世界も描かれています。

実写ではジブリや原作とはまた違ったオリジナルストーリーが話題になっていますが、

ここではその中でも衝撃的だった主題歌の変更についてなぜなのか考察したいと思います!

\ジブリ作品DVDセット/

耳をすませば実写は「翼をください」が主題歌なのはなぜ?

ジブリ作品を見たことがある方なら耳をすませばと言われて思い浮かぶのはカントリーロードの歌ではないでしょうか。カントリーロードは主人公も歌っていましたね。

その代表曲ともいえるカントリーロードですがなんと実写では翼をくださいが主題歌として発表されました。

それには雫たちの10年後の話が関係しているのではないかと思われます。

ジブリ作品では描かれていなかった10年後の話が実写版耳をすませばでは描かれています。

まだ公開前ですが、その10年後のストリーに合わせた選曲が翼をくださいだったのではないでしょうか。

\Amazonで残り10点!/

耳をすませばを知る人からのコメント

「耳をすませば映画化なら主題歌はカントリーロードだろ」

 

「昨日映画館で実写「耳をすませば」の予告見て、想像以上に面白そうだなとは思ったんだ。
でも主題歌「翼をください」はなんでだ?素直に「カントリーロード」じゃだめなのか?」

 

「主題歌『翼をください』

えぇ…(困惑)
そこはカントリーロードちゃうんか…」

「実写版「耳をすませば」の予告見た時に言いようのない違和感があったけど主題歌が「カントリーロード」じゃないからか!

あースッキリ。笑」

 「実写版の「耳をすませば」の主題歌が「翼をください」で若干不穏に感じる」

やはり皆さんかなり主題歌に関して違和感を感じている様子ですね。

様々なシーンで流れていた曲なだけにその曲が実写版では流れないかもしれないと思うと・・・。

ジブリ作品で耳をすませばといえばカントリーロードというイメージが強いはずなのにあえて主題歌にしなかったのは映画の内容に何か関係しているはず・・・!

しかしジブリ作品を知る人からは渋い反応がよせられています。

耳をすませばは雫が要所要所でカントリーロードを歌うシーンがあるため、かなり象徴的な歌だったからこそ実写版では雫の歌唱シーンがあるかは分かりませんが、主題歌がカントリーロードではないことに違和感を覚える人も多いのではないでしょうか。

\最安値はAmazon!/

耳をすませばの実写の主題歌がカントリーロードじゃない理由は?

まだ実写版は公開前なのでここからは予想ですが、考えられることとして

  1. カントリーロードは挿入歌、翼をくださいは主題歌と分けている
  2. 実写版では10年後の話もあるため、10年後の話のイメージに合わせた曲として選ばれた
  3. ジブリ版と実写版で内容が変わっているため主題歌も思い切って変更した

カントリーロードが挿入歌の場合、雫が歌うシーンなどで出てくる可能性もあります。主題歌ではないからと言って劇中に出てこないとは限りません。

更に今回の実写の耳をすませばの映画ではジブリ版にはなかった雫たちの10年後の話も登場するため、10年後の話のイメージに合った曲が翼をくださいだったのではないでしょうか。

原作の漫画版とジブリ版でも作品内容はかなり違っているとも聞きますし、今回もジブリ版とは少し違った内容に変わっている部分もあるようですので翼をくださいを主題歌に選曲したのもより映画にあった曲を選曲したのかもしれません。

>>映画を安く見る方法!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「耳をすませば翼をくださいがなぜ主題歌?実写映画カントリーロードじゃない理由は?」についてご紹介しました。

ジブリ作品では耳をすませばの主題歌といえばカントリーロードでしたが実写映画ではまさかの翼をくださいが主題歌になったことに衝撃を受けた方も多かったと思います。

なぜ実写映画では翼をくださいではないのか、カントリーロードは実写版では流れないのか様々な声が上がっていますが、ご紹介した通りカントリーロードはもしかしたら映画の中で挿入歌として使われるかもしれません。

しかし、ジブリ映画のストーリーに加え新たに10年後のストーリーが加わり実写映画のイメージにより合う翼をくださいがカントリーロードよりも主題歌にふさわしいということなのでしょう。

元々原作である漫画とジブリ版でもかなり違いがあったようですから映画版でもヴァイオリン職人ではなくチェロ奏者を目指していたり変わった部分もあるようなのでそういったところでもジブリ版と映画版の違いを楽しむのも面白いですね!

どちらにせよこの映画は大きな話題になるかもしれません。10月14日の映画公開が楽しみです。

皆さんも実際に映画館に足を運んで耳をすませばがどんな作品になっているかその目で確かめてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました