ラピュタのポムじいさんのわしには強すぎるのセリフの意味は?飛行石との関係も考察!

ラピュタ ポムじいさん わしには強すぎる アニメ
Pocket

今回は、「ラピュタのポムじいさんのわしには強すぎるのセリフの意味は?飛行石との関係も考察!」と題してお送りします。

天空の城ラピュタで地下で出会うおじさんがいましたね。

ポムおじさんというおじいさんで、飛行石のことを知っていて、荷物をたくさん持っていて、何やらちょっと怪しいような雰囲気もありますよね。

このポムじいさんのセリフに「わしには強すぎる」というセリフがありましたね。

あれはどういう意味なのでしょうか。

そこで、ラピュタのポムじいさんの「わしには強すぎるのセリフの意味や、ポムじいさんと飛行石との関係についても考察していきたいと思います。

\最安値はAmazon/

ラピュタのポムじいさんのわしには強すぎるのセリフの意味は?

ポムじいさんは、パズーとシータが地下で出会ったおじいさんです。

彼は石についての知識や経験がかなりあって飛行石の存在について知っており、シータが首からかけていた飛行石を見て触ろうとするそぶりを見せますが、「わしには強すぎる」と言って触るのをやめますね。

このセリフは一体どういうことなのか疑問に思いませんでしたか?

そこで、このセリフの意味について考察していきたいと思います。

  1. 飛行石の力が強すぎる
  2. 飛行石の輝きがまぶしすぎる
  3. 欲望に負けそう

 

1.飛行石の力が強すぎる

一つ目に考えられるのは、飛行石の持つ力が強すぎるということです。

飛行石はその名の通り、空を飛ぶというか宙に浮くことができますよね。

それどころか、呪文を唱えると破壊する力も持っていますね。

ポムじいさんは、彼の発言からも鉱石に携わる仕事を長年やってきたことが伺えるので、石に関してとても詳しい知識を持っているようです。

そのため、飛行石を見て只者ではない力を感じてのではないかと考えられます。

 

2.飛行石の輝きがまぶしすぎる

二つ目に考えられるのは、飛行石の輝きがまぶしいということかと思います。

ポムじいさんは見た目からも結構年を召されていそうな感じですよね。

少なくとも70歳は超えていそうな感じがします。

視力も弱ってきているかもしれないので、まぶしいものを見ると目が痛くなってしまうのかもしれませんね。

本当は近くで見てみたかったけれども、自分にはまぶしすぎるからということで手に取るのをやめたのかもしれません。

 

3.欲望に負けそう

三つ目に考えられるのは、欲望に負けてしまいそうなのではないかということです。

飛行石はとても珍しい鉱石で、なかなか手に入るような代物ではありませんね。

なので、その飛行石の価値を知っているポムじいさんは、もしかすると飛行石が喉から手が出るほどに欲しいのかもしれません。

しかし、彼の良心が欲望を抑えて、手にするのをやめ、自分には強すぎるといったのかもしれません。

ちなみに、飛行石(のレプリカ)は三鷹の森のジブリ美術館でも売っていることで有名ですよね。

結構なお値段がしますが、高級ガラスブランドのバカラのペンダントということもあって、それなりの価値があるのかもしれません。

ネットでも購入できるようで、Amazonが最安値でした。

\最安値はAmazon/

 

ラピュタのポムじいさんと飛行石との関係も考察!

ポムじいさんは、少し謎な存在ですよね。

なぜか人気のない地下で出会ったし、なぜか飛行石のことを知っています。

ポムじいさんと飛行石の間には何か関係があるのでしょうか?

ポムじいさんの正体も含めて考察していきたいと思います。

  1. 鉱石を採掘していた
  2. 政府軍の回し者
  3. 密かに暮らしていたラピュタ族の生き残り

\最安値はAmazon/

 

1.鉱石を採掘していた

一つ目に考えられる有力候補としては、ポムじいさんは昔飛行石を探しながら鉱石を採掘する仕事をしていたのかと考えられます。

石について詳しいことからも、石に関係する仕事をしていたことは間違いなさそうですよね。

そして、飛行石のことも知っているようなので、恐らく飛行石の採掘を目的として、採掘していたのではないかと考えられます。

石に詳しいことと飛行石を知っていることから、一番しっくりくるのかなと思います。

 

2.政府軍の回し者

二つ目に考えられるのは、政府軍の回し者ということです。

シータは、ムスカが率いる政府軍に追われていますよね。

ポムじいさんは政府軍の回し者で、青く光る石のペンダントを付けた少女を探すように言われていたのかもしれません。

また、シータとパズーは、洞窟から出たところで政府軍に捕まってしまいましたよね。

ポムじいさんが政府とつながっており、2人の足止めをしていたのかもしれません。

命令されたときに飛行石について知らされていたため、飛行石の存在が気になっていたし、偶然に地下で出会ったことも納得がいくかもしれませんね。

 

3.密かに暮らしていたラピュタ族の生き残り

三つ目に考えられることとしては、ラピュタ族の生き残りということです。

ラピュタ族は絶滅したかと思われていますが、実はポムじいさんはどうにか逃れてきて、一人で地下にひっそりと暮らしていたのかもしれません。

ラピュタ族であれば、飛行石の存在を知っている可能性もありますし、飛行石にものすごい力があることも知っていますよね。

とてもたくさんの荷物を抱えていることからも、どこへ行ってもすぐに生活できるような準備をもって常に生活しているのかもしれませんね。

 

まとめ

今回は。「ラピュタのポムじいさんのわしには強すぎるのセリフの意味は?飛行石との関係も考察!」と題してお送りしました。

ラピュタに出てくるポムじいさんのセリフの意味、ポムじいさんの正体や飛行石との関係について、納得いただけましたでしょうか?

ポムじいさんは少ししか出てこないキャラクターなので、次に見るときは少し注目してご覧になってはいかがでしょうか。

>>ドーラの名言がかっこよすぎる!

コメント

タイトルとURLをコピーしました