スパイファミリーアーニャ正体バレる?超能力や過去も徹底解説!

スパイファミリー アーニャ バレる アニメ
Pocket

今回は、「スパイファミリーアーニャ正体バレる?超能力や過去も徹底解説!」と題してお送りしたいと思います。

スパイファミリーは、漫画でも大ヒットでアニメも大ヒットしていますよね。

どのキャラクターも魅力的ですが、その中でもアーニャは表情豊かで面白くてとっても可愛いですよね。

私もアーニャが大好きなので、アーニャ見たさにアニメを何度も見返してます。

今回は、スパイファミリーのアーニャの能力がバレるのか、アーニャの正体や過去についても考察していきたいと思います。

 

スパイファミリーアーニャの正体バレる?

アーニャは、表情が豊かで面白くて可愛いし、アーニャの能力羨ましいですよね。

アーニャの能力はロイドやヨルにバレるのでしょうか?

スパイファミリーの最新話まで漫画で読みましたが、アーニャの能力はまだバレていません!

ロイドは頭の回転が速く、頭も良いので見抜かれてもおかしくないのですが、意外と天然なのでアーニャがついつい余計なことを言ってしまっても、能力には気が付きませんでした。

ヨルも、戦闘能力は半端ないですが、やはりおバカさんなので、アーニャの能力には気づいていません。

 

アーニャの能力とは?

アーニャの能力は、ひとの心を読むことができる超能力です。

ひとだけに限らず、動物の心も読むことができるので、動物とも意思疎通ができてしまいます。

アニメの中では、アーニャが超能力を使って心を読むときは、キラっと効果音とアーニャの頭の周りに星くずが出てきて、アーニャが心を読んでいることが表現されていますね。

心を読むことができてしまうため、人混みではたくさんの人の心情が入り混じってしまうため、頭がパンクしそうになるのか、体調を崩してしまいます。

アーニャの心を読む超能力は、スパイファミリーの中でもかなり大活躍します!

 

アーニャの正体がバレるのはいつ?

アーニャの正体ですが、そのうちロイドにはバレてしまいそうな気がしませんか?

アーニャはバレないように頑張っていますが、いつかぼろが出てしまいそうでひやひやします。

漫画ではまだバレていないので、バレてしまうのか、バレるとしたらいつバレてしまうのかわかりませんが、今後バレるとしたらどのような状況でバレるのか、考察してみたいと思います。

 

考察1:アーニャが逃げてきた機関からバレる

一つ目に考えられるのが、アーニャが逃げてきた機関からバレることがあげられると思います。

アーニャは、ある研究機関から逃げてきたことが明らかになっていますよね。

その期間はどのような機関なのかまだ明らかになっていませんが、アーニャの能力とその期間が大きく関係していることは間違いないと思います。

アーニャがその研究機関につかまってしまい、助けに行ったロイドとヨルに研究機関の人からアーニャの能力を知らされるというシチュエーションがあるのではないかと考えます。

あるいはロイドかヨルが何らかの任務でその研究機関に忍び込み、そこでアーニャの秘密を知ってしまうということが考えられると思います。

アーニャが逃げてきた研究機関からアーニャの能力がバレてしまうことが第一に考えられるのではないでしょうか。

 

考察2:アーニャがうっかりぼろを出す

二つ目の可能性として、アーニャがうっかりとぼろを出すことが考えられるのではないかと思います。

スパイファミリーの中では、アーニャが心を読んでしまって、バレそうな発言をしてしまうシーンが度々ありますよね。

いつもは、ロイドが勝手に解釈して何とかバレませんが、そのうちロイドが考えても超能力の他に納得いく理由がなく、特殊な能力を持っていることに気が付くかもしれません。

 

考察3:ロイドが徐々に気づく

三つ目の可能性としては、ロイドがアーニャを観察して徐々に気が付くことがあるのかと思います。

ロイドは、イーデン校の面接のときにもアーニャがたまに心を読んでいるような言動をすることを言及していました。

だからと言って、現段階では超能力があるという風には思っていませんが、そのようなアーニャの言動が続くと、さすがに天然なロイドでもそのアーニャの特殊能力に気が付くのではないかと思います。

いくら鈍感でも偶然が重なれば、何かを感じるかもしれませんよね。

ロイドがアーニャの能力に徐々に気が付く可能性もあるかと思います。

 

スパイファミリーのアーニャの超能力を解説!

アーニャの能力がバレるのかについて考察していきましたが、アーニャは何でこんな特殊能力を持っているのか気になりますよね。

まだ、漫画やアニメでもアーニャの真の正体やアーニャが孤児院に入るまでの過去については明らかになっていません。

そこで、アーニャの正体や過去について考察していきたいと思います。

 

アーニャの正体は何者?

アーニャの正体とても気になりますよね。

秘密の研究機関のようなところから逃げ出してきたということが明らかになっていますが、一体アーニャは何のために研究機関で研究されていたのでしょうか。

その正体が何なのか考察していきたいと思います。

 

1.西国の秘密兵器

一つ目に考えられるのは、西国の秘密兵器化と思います。

東国はでは、ひそかに西国へ戦いを仕掛けようとたくらんでいるという噂が流れていましたね。

東国はそのためにいろいろな作戦をたくらんでいるかもしれませんね。

そのうちの秘密兵器のような存在として、超能力を持つアーニャが研究所に連れていかれ、いろいろな研究によってその能力を高められ、戦いに役立てられるように極秘で育てられたのかもしれません。

アーニャは東国の秘密兵器かもしれません。

 

2.東国の諜報員の候補

2つ目の可能性として、特殊部隊の候補かもしれません。

実は、アーニャのような能力を持つ子供たちがたくさんいて、その子たちを研究機関に集めて諜報員の候補として育て上げられていたのではないでしょうか。

スパイがアーニャのような能力を持っていたら、めちゃくちゃ使えますよね。

ロイドは西国からのスパイとして、東国に送り込まれましたね。

アーニャは、その反対に東国の同じような組織で、スパイの候補生として育て上げられていたのかも知れません。

 

3.人造人間

3つ目の候補として、人造人間である可能性が考えられると思います。

ロイドのスパイとしての才能やヨルの戦闘能力も並外れていますが、アーニャの能力はこの物語の中でも一番特殊な感じがしますよね。

並外れた能力をもっているので、実は普通の人間ではなく、人造人間なのではないかとも考えられると思いませんか?

実は、東国では技術が進んでいて、人工的に特殊能力を持つ人間を作り出しているのかもしれません。

 

アーニャの過去を考察!

アーニャは、研究機関から逃げ出してきたことは判明していますが、その他にいったいどのような過去があるのか、気になりますよね。

アーニャの過去もストーリーが進むにつれて明らかになっていくのではないかと思いますが、現時点では明らかになっていません。

ですが、イーデン校の面接のときに、母親についての質問を受け、涙を流すシーンがありましたね。

その涙は実親に関係している可能性も考えられますよね。

そこで、アーニャの過去や実親との関係についても考察していきたいと思います。

 

1.親に研究機関に預けられた

一つ目の可能性として、実の親に研究機関に預けられた可能性が考えられるかと思います。

アーニャが生まれつき超能力を持っていたら、もしかしたら親が怖がったり気持ち悪がったりするかもしれませんね。

アーニャの親は、アーニャの能力を知って、それを怖がりアーニャを研究機関に預けたのかもしれません。

自分には育てられないと泣く泣く預けたのか、怖がって預けたのかはわかりませんが、親が自ら預けた可能性もあるのかと思います。

 

2.研究機関に無理やり連れていかれた

二つ目の可能性として、研究機関に無理やり連れていかれたことも考えられると思います。

何らかの形で、アーニャの能力がバレてしまい、それに興味を持った研究機関に無理やり連れていかれ、実親から引き離されたかもしれません。

実親から無理やり引き離されていたとしたら、その時のことを思い出して、面接のときに涙を流したということでつじつまが合いますよね。

アーニャは実親から無理やり引き離されたのかもしれません。

 

3.研究機関によって造られた存在で親はいない

三つ目の可能性としては、人工的に造られた存在でそもそも親がいないことです。

そもそも親がいないということで、研究機関にそのことを言い聞かされてショックを受けていたのかもしれません。

自分には実親がいないこと、自分が人工的に造られた存在で普通の人間ではないということを知らされたか子を思い出し、面接のときに泣いたのかもしれません。

アーニャには実親がいない可能性も考えられるかと思います。

 

まとめ

今回は、「スパイファミリーアーニャ正体バレる?超能力や過去も徹底解説!」と題してお送りしました。

スパイファミリーのアーニャの能力がバレるのかどうか、現在は明らかになっていませんが、ストーリーが進むにつれてバレてしまうのではないかと考察しました。

今後のスパイファミリーの展開も楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました