ミサモBouquetタイトルの意味は?なぜリエゾン挿入歌?

ミサモ Bouquet 意味 K-POP
スポンサーリンク
Pocket

今回は「ミサモBouquetタイトルの意味は?なぜリエゾン挿入歌?」と題してお送りいたします。

ミサモ は、TWICEの日本人メンバーミナ・サナ・モモで組まれたユニットで、3人の名前の頭文字をとって「ミサモ」と呼ばれています。

ミサモは、2023年1月に新曲「Bouquet(ブーケ)」を発表し、こちらの曲は1月20日(金)から放送されるドラマ「リエゾンーこどものこころ診療所ー」の挿入歌として流れます。

ミサモの新曲、どんな曲なのかが楽しみですよね!

そこで今回は、ミサモの新曲「Bouquet」のタイトルの意味や、なぜリエゾンの挿入歌になったか曲の雰囲気についてまとめました。

 

ミサモ「Bouquet」タイトルの意味は?

ミサモの新曲「Bouquet」のタイトルの意味について、まとめました。

タイトルである「Bouquet(ブーケ)」は「花束」という意味です。

「Bouquet」は、1月20日(金)から放送されるドラマ「リエゾンーこどものこころ診療所ー」のために書き下ろされた曲です。

「リエゾンーこどものこころ診療所ー」は、児童精神科クリニックが舞台になっており、自らも発達障害を抱える院長と研修医が、生きづらさを抱える様々な子ども達や家族に向き合い、寄り添う姿が描かれている作品です。

このドラマは同名の漫画が原作となっていますが、漫画では、発達障害や心身症など様々な生きづらさを抱えつつも前向きに生きようとする人やその家族がたくさん登場します。

これはあくまでも個人的な解釈ですが、リエゾンの挿入歌のタイトル「Bouquet」は、そのように今を生きる様々な人たちを表わしているのではないかと考えます。

一人ひとりはそれぞれ違うけれど、彩りあふれる花束のようにみんな輝いていて美しい ―― 曲のタイトルからそのような雰囲気が感じられます。

どんな曲なのかがますます気になりますね。

また、一部の意見ですが、ミサモ初のユニット曲ということで「Bouquet」は「おめでとう」の意味も込められているのではないかという声もあります。

花束」という意味のタイトルなので「おめでとう」という意図もありそうですね。

 

ミサモ「Bouquet」がリエゾンの挿入歌になった理由

ミサモの新曲「Bouquet」がリエゾンの挿入歌になった理由についてまとめました。

先述しましたが、ミサモの新曲「Bouquet」は、1月20日(金)から放送されるドラマ「リエゾンーこどものこころ診療所ー」のためにつくられたものです。

まだユニットとして動き出したばかりのミサモの可能性を探るためにも、今様々なことに挑戦しており、それが今回のドラマ「リエゾンーこどものこころ診療所ー」の挿入歌を歌うことにつながったのかもしれません。

これからのミサモの活躍が、とても楽しみですね!

 

ミサモ「Bouquet」はどんな雰囲気の曲?

ミサモの新曲「Bouquet」がどんな雰囲気の曲かについてまとめました。

新曲「Bouquet」は、3人の優しく力強い歌声が重なり、ミサモのメンバー、ミナ・サナ・モモらしい美しい楽曲になっているようです。

この新曲「Bouquet」を通して「このままでいいの、私のままでいいの」という前向きなメッセージを伝えているそうです。

ドラマ「リエゾンーこどものこころ診療所ー」にとてもふさわしいメッセージですね。

TWICEとして、国を超えて活躍しているミナ・サナ・モモの楽曲としてもぴったりです。

また、ミサモメンバーのサナさんは、新曲「Bouquet」について「すごく優しくて雰囲気がとても柔らかい曲」とコメントしています。

挿入歌ひとつでドラマの雰囲気も決まるので、今回ミサモはとても重要な役目を担っていると思います。

1月20日(金)から始まる、ドラマの放送がとても楽しみですね!

 

まとめ

今回は「ミサモBouquetタイトルの意味は?なぜリエゾン挿入歌?」と題してお送りしました。

ドラマ「リエゾンーこどものこころ診療所ー」は、1月20日(金)23:15から放送されます。

主演の佐山先生と志保先生は、山崎育三郎さんと松本穂香さんが務めています。

ぜひ、ミサモの新曲Bouquet」をじっくり聴きながら、ドラマを視聴しましょう。

スポンサーリンク
K-POPエンタメ
FJMをフォローする
つれづれブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました