ワンピースベガパンクの正体は何者?性別やツキミ博士との関係も考察!

ワンピース ベガパンク 正体 アニメ
Pocket

今回は「ワンピースベガパンクの正体は何者?性別やツキミ博士との関係も考察!」と題してお送りします。

「ワンピース」の世界の科学力のパイオニアとして、常に先頭を走り続けて来ているDr.ベガパンク。

海軍の科学力を支えている超重要人物である存在ですが、未だにその正体は謎に包まれたままとなっています。

一体ベガパンクは何者なんでしょうか?

そこで「ワンピースベガパンクの正体は何者?性別やツキミ博士との関係も考察!」をご紹介したいと思います!

 

ワンピースベガパンクの正体は何者?

それでは「ワンピースベガパンクの正体は何者?」についてご紹介します。

まず、Dr.ベガパンクとは何者なのかについて確認します。

Dr.ベガパンクは海軍の科学者たちを指揮し、世界最大の頭脳を持つと言われる人物です。

その科学力はすでに500年先に到達する地点にあると言われ、革新的な発明の裏には必ず彼の存在があります。

その名前は作中に度々登場するものの、年齢や素顔は未だ描かれていません。

名前が初めて登場したのは、ウォーターセブンにてルフィがコビーとヘルメッポと再会したときで、コビーがベガパンクの凄さを知り、ヘルメッポもそれに共感していました。

ルフィたちの冒険にも大きく関わっている彼は、間違いなく今後の重要人物になります。

では、ベガパンクはどのような功績をあげて来た人物なのでしょうか?

以下のようにまとめました。

  • 血統因子の発見
  • 物に悪魔の実を食べさせる方法や、悪魔の実の伝達条件の解明に成功
  • 人造悪魔の実の開発
  • サイボーグ技術の開発

 

血統因子の発見

血統因子は、生命の設計図とも言われる代物で、現実世界で言うDNAのような存在です。

これを利用することは神の領域にすら達すると言われており、この血統因子を初めて発見した人物こそDr.ベガパンクなのです

Dr.ベガパンクが血統因子を発見した後、他の人物に悪用されてしまう場面も作中に描かれています。

ジェルマ66のトップであるヴィンスモーク・ジャッジは、血統因子を利用しクローン人間の量産に成功していました。

また、バーソロミュー・くまの姿形をそのまま再現した「人間兵器」パシフィスタにも血統因子を利用し開発されたと思われる場面が描かれています。

 

物に悪魔の実を食べさせる方法や、悪魔の実の伝達条件の解明に成功

アラバスタ編で登場したバロックワークスMr.4のパートナー・犬銃ラッスーや、エニエスロビーで登場したCP9長官スパンダムの愛用している象剣ファンクフリードなど、作中には悪魔の実の能力を持った「物」が登場します。

この「物」に悪魔の実を食べさせる方法や、悪魔の実の伝達条件の解明に成功したのも、Dr.ベガパンクです。

悪魔の実は人に食べさせると、カナヅチになってしまうデメリットがあります。

海賊であるにも関わらず、泳げなくなるというデメリットを抱えていても、食べる人が後を絶たないほどその能力は貴重な存在です。

ですが、物は元々泳げません。

そのため、物に悪魔の実を食べさせればデメリットなしで悪魔の実の能力が使えるのです。

 

人造悪魔の実の開発

パンクハザード編でシーザーが制作していた「スマイル」は、人造悪魔の実と呼ばれる物でした。

しかし、それより前にDr.ベガパンクもパンクハザードにて「カイドウ」の血統因子から人造悪魔の実を開発していたのです。

そして、その人造悪魔の実を食べたのが光月家当主の「光月モモの助」でした。

パンクハザードでは、Dr.ベガパンクが作った人造悪魔の実は失敗作だと伝えられていましたが、モモの助は全身をしっかり龍に変身させていましたし、焔雲の作成にも成功していました。

現在時点でデメリットも見られませんし、どの点が失敗作なのかも分からないレベルです。

対するシーザーのスマイルは、デメリットも大きく(食べるとほぼ失敗するリスクの方が大きい)能力の出方も奇妙でした。

この2つを比較しても、Dr.ベガパンクの優秀な科学力が伺えます。

 

サイボーグ技術の開発

Dr.ベガパンクはサイボーグ技術にも貢献している人物です。

シャボンディ諸島にて麦わらの一味をたった1体で足止めした海軍の「人造兵器」パシフィスタ。

鋼鉄以上の強度を誇る体、両手と口から海軍大将「黄猿」のピカピカの実の能力、あらゆる物を溶かすレーザーを発射できる機能を備え、その姿形は元王下七武海「バーソロミュー・くま」そのものでした。

そんな強力なパシフィスタを制作したのがDr.ベガパンクです。

Dr.ベガパンクはくまの体も少しずつ改造しており、人体を少しずつ機械に改造できる離れ業ができるのも、彼の凄い点であると言えます。

その後も作中では海軍の最新人造兵器「セラフィム」が開発され、登場しています。

セラフィムは子供の頃のハンコックやミホークにそっくりな容姿をしており、元王下七武海のキャラのクローンを素体としている可能性が高いです。

可愛い外見とはかけ離れて、その強さはパシフィスタを完全に上回っています。

以上「ワンピースベガパンクの正体は何者?」についてご紹介しました。

 

ワンピースベガパンクの性別は?

それでは「ワンピースベガパンクの性別は?」についてご紹介します。

ワンピース第1061話ラストでは、自らをDr.ベガパンクと名乗る女性が登場します。

見た目は20代位、ナミやロビンに引けをとらない抜群のプロポーションで、髪はショート、前髪で片目が隠れており劇場版の「ウタ」を連想させます。

作中での今までの経緯を見る限り、Dr.ベガパンクは「老人」や「男性」といったイメージを持つ読者も少なくなかったのではないでしょうか?

登場したDr.ベガパンクが本当に女性なのかについては、以下のような可能性があります。

  • Dr.ベガパンクのクローン
  • Dr.ベガパンクが遠隔操作しているロボット
  • 姿を作り変えた本人
  • 実はDr.ベガパンクの血縁者

 

Dr.ベガパンクのクローン

Dr.ベガパンク程の頭脳を持つ科学者であれば、自身の記憶や人格をクローンに移植することが可能であると思われます。

また、自身の記憶や人格を移植したクローンを複数体生産し、身の安全性を高めている、とも考えられます。

 

Dr.ベガパンクが遠隔操作しているロボット

Dr.ベガパンクが開発したロボットを遠隔操作して本人が会話している可能性も考えられます

そのロボットが今回登場している女性であり、実際のDr.ベガパンクの性別は判明していない、とも推測することができます。

 

姿を作り変えた本人

戦桃丸や「緑牛」アラマキはDr.ベガパンクを「おっさん」と呼んでいました。

元々Dr.ベガパンクが女性だとして、中身が男性的であり、彼らがDr.ベガパンクのことを「中身がおっさん」という意味でそう呼んでいたとしたら、Dr.ベガパンクが何らかの方法で肉体を若返らせた、という可能性も考えられます

 

実はベガパンクの血縁者

今回登場した自称Dr.ベガパンクを名乗る女性は、ヤマトが自称・光月おでんを名乗っていたように、弟子や娘が自称Dr.ベガパンクを名乗っている可能性も考えられます

娘だとしたら、娘がDr.ベガパンクであり、娘が優秀であるため世界政府に雇われているとしたなら説明がつくことになります。

いずれにしても、Dr.ベガパンクの性別は現時点では確定できない状況にあると言っていいでしょう。

以上「ワンピースベガパンクの性別は?」についてご紹介しました。

 

ワンピースベガパンクのツキミ博士との関係も考察!

それでは「 ワンピースベガパンクのツキミ博士との関係も考察!」についてご紹介します。

ツキミ博士はエネルの扉絵連載に登場した、お月見が大好きな博士です。

スペーシー中尉という生物型ロボットを作っていたキャラクターで、ツキミ博士はスペーシー中尉達とお月見をするのが楽しみでした。

扉絵ではツキミ博士が研究所でスペーシー中尉を制作する様子が描かれており、その科学力は本物であると言っても過言ではありません。

精巧なロボットを制作している点では、Dr.ベガパンクと大きく共通しています。

しかし、彼らが同一人物である可能性はありません

なぜなら、ツキミ博士は扉絵連載内で、お月見中に月が爆発したことに驚き、食べていた団子を喉に詰まらせ窒息死してしまったからです。

Dr.ベガパンクとツキミ博士、この2人には他にも共通点があります。

それは、2人とも「カラクリ島」が出身地・居住地であるということです。

Dr.ベガパンクの出身地は、未来国バルジモアのからくり島でした。

ツキミ博士の出身地もバルジモアであることが判明しています。

そして、ツキミ博士がスペーシー中尉を制作していた場所は、カラクリ島という名前でした。

バルジモアは極寒の冬島ですが、ツキミ博士が住んでいた場所は寒そうには見えなかったため、冬島ではないと言えます。

そのため、全く同じ場所ではないと思われますが、ひらがなとカタカナの違いだけで全く無関係とは言い切れないのではないでしょうか?

Dr.ベガパンクとツキミ博士は、もしかすると血縁者なのかもしれませんね。

以上「ワンピースベガパンクのツキミ博士との関係も考察!」についてご紹介しました。

 

まとめ

今回は「ワンピースベガパンクの正体は何者?性別やツキミ博士との関係も考察!」と題してお送りしました。

  • Dr.ベガパンクは世界最大の頭脳を持つ人物といわれ、その科学力は500年先まで到達している
  • Dr.ベガパンクの科学力は数多くの功績を残し、元王下七武海すらも凌駕するほどの人造兵器の開発にも成功している
  • Dr.ベガパンクの性別は女性と判明したが、真相はまだ謎に包まれている

まだまだ謎に包まれているDr.ベガパンクの正体ですが、今後の展開がどのようになるのか、要注目ですね!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました