耳をすませば実写のロケ地はイタリアのどこ?撮影時期はいつ?

耳をすませば 実写 ロケ地 イタリア エンタメ
Pocket

今回は「耳をすませば実写のロケ地はイタリアのどこ?撮影時期はいつ?」をご紹介します!

10月14日、ついにあのジブリでも大人気の名作「耳をすませば」が実写となって映画に戻ってきます!

実際の映画公開は2020年9月の予定でしたが、コロナの影響により2022年10月14日に延期となりました。

「耳をすませば」といえば主人公の雫と聖司の恋愛にキュンキュンしながら見た方も多いかと思いますが今回の実写では雫と聖司の10年後まで描かれています。

ジブリの映画では最後聖司が夢のためにイタリアへ行くことを決意し2人はお互いの夢を約束し離れ離れになってしまいますが、その後の2人がどうなったか気になった方も多いはず。

今回の映画はその気になる2人のその後が観ることができます!

実写版「耳をすませば」の公式ホームページはこちら

 

「耳をすませば」実写のロケ地はイタリアのどこ?

詳しいことは公式では公開されていないのですが、聖司が過ごすイタリアのシーンは実際にイタリアで撮影されたのでは?との情報が!

有力なのはピンチョの丘(イタリア)から見える風景が予告編の映像に似ているとのことでピンチョの丘でロケが行われたのでは?と言われています。

 

ピンチョの丘とは?

ローマの中心部にある丘の一つ。丘からはローマの街並みやポポロ広場、ナポレオン広場を見渡すことができます。

アニメではヴァイオリンの作家を目指している聖司ですが、映画ではチェロの奏者を目指すという設定に代わっているようで、イタリアのシーンでは聖司はヴァイオリンではなくチェロを弾いています。

これが物語にどう影響していくのかも気になるところですね。

 

ピンチョの丘の場所

住所:Viale Gabriele D’Annunzio, 00187 Roma RM, イタリア

 

\最安値はAmazon!残り1点!/

「耳をすませば」の国内でのロケ地は?

イタリアだけでなく国内でもここが撮影場所だったのでは?と思われる場所をご紹介します。

アニメでは東京都多摩市の桜ケ丘の周辺が舞台になったことで有名ですね。

実写版でもその周辺がロケ地になるのではないかと思われますので場面別にご紹介します!

 

聖蹟桜ヶ丘(東京都多摩川北部)

桜ケ丘の電車を降りたところの交差点で雫が不思議な猫のムーンの後を追うシーンの場所です。

ムーンの愛らしい後ろ姿を思い出します。この後ムーンに導かれるように雫は地球屋にいるバロンを見つけるわけですが、本作ではどのように描かれているのでしょうか。

 

聖蹟桜ヶ丘(東京都多摩川北部)の場所

住所:〒206-0011 東京都多摩市関戸1丁目

 

\Amazonで残り2点!/

金毘羅神社(東京都多摩市桜ケ丘)

ここでは杉村が雫と2人きりになり告白する場所です。実際に金毘羅神社としてありました。

親友の夕子の気持ちを知っている雫は複雑な気持ちを抱え家に帰ります。

 

金毘羅神社(東京都多摩市桜ケ丘)の場所

住所:〒206-0013 東京都多摩市桜ケ丘1丁目54−4

 

\最安値はAmazon!残り10点!/

桜ケ丘いろは坂(東京都多摩市桜ケ丘)

雫のお父さんが働く図書館がある場所です。

雫がお父さんのお弁当を届け聖司の存在を知る場面ですね。

他にも地球屋があった桜ケ丘ロータリー、雫たちが住んでいた愛宕団地など実写版でももやはり「耳をすませば」の”聖地”でもあることから桜ケ丘周辺で撮影が行われていたのではないでしょうか。

 

桜ケ丘いろは坂(東京都多摩市桜ケ丘)の場所

住所:〒206-0013 東京都多摩市桜ケ丘4丁目43−25

 

「耳をすませば」の実写の撮影時期はいつ?

オリコンニュースの記事によると、撮影期間は2020年3月~2022年5月の2年にも及んだとのこと。

2020年3月には撮影シーンの目撃情報もありました。※Twitter画像参照

当初のコロナの影響もあって撮影が中止になったりして予想よりも長い撮影期間になったようです。

 

\最安値はAmazon!残り7点!/

10年後の雫役を演じた清野奈名さんのコメント

10年後の雫役を演じた清野奈名さんはクランクアップの時「コロナが流行ってしまって、不安のなか、いろいろ皆で考えながら撮影をどう進めていくかとか、いろいろ大変だったなと思って。とても可愛らしく甘酸っぱい映画になったと思います」と言われ目を潤ませていたそうです。

本当に大変な撮影だったんですね。

>>映画を1000円で観る方法!

 

まとめ

いかがでしたか?今回は「耳をすませば実写のロケ地はイタリアのどこ?撮影時期はいつ?」と題してご紹介をしました。

今回の「耳をすませば」は10年後の話もあるとのことでイタリアでのストーリーもあるので壮大な映画になりそうですね。

「耳をすませば」を見ていない人でも雫や聖司の中学生時代の場面も出てくるようなので映画だけでも楽しめるのではないでしょうか。

この映画を機会にまたジブリのアニメや原作の漫画を見返したり、ジブリのアニメのロケ巡りをしても楽しいかもしれませんね!

個人的にはあの地球屋のバロンが実写でも登場するみたいなので楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました