ローマの休日アン王女モデル誰?どこの国出身かも考察!

ローマの休日 アン王女 どこの国 エンタメ
Pocket

今回は、「ローマの休日アン王女モデル誰?どこの国出身かも考察!」と題してお送りしたいと思います。

ローマの休日のアン王女、みんなが憧れるようなプリンセスですよね。

この作品を見て、オードリーヘップバーンの魅力にはまってしまった方も多いのではないでしょうか。

ローマの休日の中で、アン王女は、ヨーロッパの各国を表敬訪問していましたが、いったい彼女はどこの王女様なのか、気になりますよね?

そこで、ローマの休日アン王女にはモデルは誰なのか、どこの国の王女様なのかについてもご紹介していきたいと思います。

 

ローマの休日アン王女のモデルは誰?

アン王女は、王室から抜け出して、1人でローマの街に繰り出し、王女であることを伏せながら、1日の自由を満喫し、ローマの街を案内してくれた一般人である記者のジョーに恋に落ちてしまいますね。

王室から抜け出しすなんて大ごとなので、もし現実にそんなことが起きてしまったら大変なことですよね!

そんな大変なことをしでかしてしまうアン王女のモデルになったとされる人物はいるのでしょうか。

結論から言うと、アン王女のモデルになった人物はいません。

しかし、王室の方は、自由が欲しいとか、王室から抜けて普通に暮らせたらなとか、心の片隅では考えられているかもしれませんね。

 

モデルはマーガレット王女じゃない?

実際にアン王女のモデルになったとされる人物はいないそうですが、モデルではないかとされた方がいらっしゃいます。

それが、イギリスの女王エリザベス2世の妹のマーガレット王女です。

マーガレット王女は、民間人の方と恋に落ちたことが公になり、当時はかなりの話題になっていたそうです。

それが、タウンゼント大佐という方で、マーガレット王女の一目ぼれだったそうです。

最初に出会った時、彼は、当時は結婚しており、妻子持ちだったこともあり、マーガレット王女はあきらめたかと思われました。

その後、タウンゼント大佐は妻と離婚したそうですが、マーガレット王女との年の差は16歳。

16歳も年上の民間人でバツイチ子持ちとなると、王族たちも黙っていられませんよね。

マーガレット王女とタウンゼント大佐の交際は、1953年のエリザベス情報の戴冠式で明らかになったそうで、マーガレット王女はもちろん、彼との結婚を望んでいたようです。

しかし、政府首脳と王族たちの厳しい姿勢から泣く泣く彼との結婚を諦め、1955年に彼と結婚しない旨の声明文を出したそうです。

自分の愛した人と自由に結婚できないなんて悲しいですよね。

王女と民間人の間の叶わぬ恋ということで、マーガレット王女がアン王女のモデルではないかという噂もあったようですが、彼らの交際が公になったのが1953年、ローマの休日の撮影が開始したのが1952年ということで、ローマの休日の撮影の方が先に始まっていることから、この噂は否定されているようです。

 

マーガレットはどんな人?

マーガレットは、エリザベス女王の4歳下の妹で、1930年8月21日に生まれ、2002年2月9日に亡くなっています。

その美しさから、取り巻きもいたようです。

愛する人と結婚できなかった彼女は、その後、複数人の上流階級の男性と浮名を流した後に、写真家のアンソニー・アームストロング=ジョーンズと結婚します。

しかし、その後パーティー三昧の生活を送ったうえに、彼女の浮気が明らかになり、離婚してしまいます。

離婚後も、数々の有名人と浮名を流したそうです。

モテモテの王女様だったようですね。

 

ローマの休日アン王女どこの国出身?

ローマの休日のアン王女、本当に可愛くて気品があって素敵ですよね。

老若男女から愛されそうなプリンセスですが、一体どこの国の王女様なのでしょうか?

結論から言うと、どこの国の王女なのかは判明しておりません

ローマの休日では、ヨーロッパの古い歴史と伝統を持つ某国の王位継承者であるとされています。

そのため、架空の国なのかもしれませんし、実在する国をモデルにしているのかもしれません。

ローマの休日の設定について、いろいろ調べてみましたが、やはりどこの国の王女かは、記されていませんでした。

王女様が、普通にはやらないような交通違反のシーンなどもあるので、その王室を侮辱するようにとらえられる可能性を避けるために、あえて存在する国とはせずに、架空の国にしているかもしれませんね。

 

ヨーロッパの王室がある国は?

ヨーロッパの中で王室がある国は、以下の7か国です。

  • イギリス
  • デンマーク
  • ノルウェー
  • スウェーデン
  • オランダ
  • ベルギー
  • スペイン

また、以下の3公国にも王室があります。

  • モナコ
  • リヒテンシュタイン
  • ルクセンブルク

もしも、実在する国の王女様という設定だとしたら、劇中でイギリスとオランダを訪れていることが明らかになっているので、少なくともこの2つの国は除外できるかと思います。

 

アン王女を演じるオードリーヘップバーンはどこの国の人?

アン王女を演じているオードリーヘップバーンは、イギリス人です。

彼女は、出身はベルギーのブリュッセルですが、国籍はイギリスになっています。

ベルギーで生まれ、幼少期はベルギーやイングランドで過ごし、オランダにも住んでいたことがあるそうです。

バレエを学ぶためにロンドンへ渡り、その後イギリスで数本の映画にでるようになったそうなので、大人になってからイギリス国籍を取得したのかもしれませんね。

オードリーヘップバーンは、ベルギー出身のイギリス人です。

 

まとめ

今回は、「ローマの休日アン王女モデル誰?どこの国出身かも考察!」と題してお送りしました。

アン王女がどこの王女なのかは、明らかになっていなかったので、架空の国の王女様と考えたほうが良いかもしれませんね。

王女様にはあこがれを抱いてしまう女の子も多いかもしれませんが、ローマの休日を見ていると、王女様も大変なんだな、普通でよかったなと思ってしまいますよね。

それでも、やっぱりオードリーヘップバーンの美しさには憧れてしまいますね。

彼女はもうこの世にはいませんが、永遠にみんなの心に残り続けるでしょう!

 

>>アン王女の性格は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました