ジュラシックパーク3ベンの死因は?エリックが生き残っていた理由はなぜ?

ジュラシックパーク3 ベン 死因 エンタメ
Pocket

今回は、「ジュラシックパーク3ベンの死因は?エリックが生き残っていた理由はなぜ?」と題してお送りしたいと思います。

ジュラシックパーク3を皆さんはご覧になったことがありますでしょうか?

ジュラシックパークシリーズは大人気の作品で、ユニバーサルスタジオのアトラクションになるほど人気があるシリーズですよね。

ベンとエリックが、恐竜の住む島付近で行方不明になってしまいますが、ベンはガイコツとして見つかり、エリックは子供ながら生き延びていましたね。

なぜベンはなくなってしまったのにエリックは生き残ることができたのか気になりませんか?

そこで、ジュラシックパーク3のベンの死因は何なのか、エリックが生き残ることができた理由はなぜなのか考察していきたいと思います。

 

ジュラシックパーク3ベンの死因は?

ベンとエリックは、恐竜を見たい好奇心から、立ち入りが禁止されているサイトBの付近をパラセイリングしていましたね。

しかし、何かに襲われたため、彼ら二人は森の中に不時着してしまいました。

そして、その後彼らを探しに来たアマンダたちによってガイコツとして発見されましたね。

ですが、ベンがどのようにして亡くなったかについては明らかになっていません。

そこで、彼の死因と考えられる亡くなった理由について考察していきたいと思います。

 

1.スピロノサウルスに食べられた

一つ目の可能性として考えられるのが、スピロノサウルスに食べられたということです。

この島には、スピロノサウルスも生息しています。

ベンはパラセーリングが木々に絡まってしまって、そこから逃げることができない状態になっていました。

逃げられない状態になった弁を見つけたスピロノサウルスが、彼を襲い捕食してしまい、ベンは骨になってしまった可能性が考えられます。

 

2.ラプトルに襲われた

二つ目の理由としては、ラプトルに襲われたことが考えられます。

ベンとエリックがパラセイリングをしているときに襲ってきた正体もラプトルたちで、彼らを追ってきたラプトルにそのまま襲われたことが考えられますね。

実際に未公開シーンでは、ベンがラプトルに襲われてなくなっているシーンが収録されているそうです。

なぜ本編で公開されていなかったのかはよくわかりませんが、未公開シーンではそうなっていたことから、ラプトルに襲われたという説が一番正しいのかと考えられます。

 

ベン・ヒルデブランド役の俳優は誰?

ベン・ヒルデブランド役の俳優さんは、マーク・ハレリックです。

アメリカテキサス州ハミルトン出身で、1951年6月5日生まれの俳優さんです。

複数の映画やドラマに出演されている俳優さんで、共演したスペンサー・ケイデンと結婚されてお子さんもいらっしゃいます。

 

ジュラシックパーク3でエリックが生き残っていた理由はなぜ?

ベンは、残念ながら帰らぬ人となっていましたが、驚くことにエリックは2カ月以上も一人で生き延びていましたね。

子供なのに2カ月も生き残っているなんていったいどうして?と思う方も多いのではないでしょうか。

そこで、エリックが生き延びることが理由について、考察していきたいと思います。

 

1.ベンが逃がしてくれた

まず一つ目の理由としては、ベンが逃がしてくれたことです。

ベンは、不時着したときにエリックを逃してくれました。

もしもベンが自分だけ助かるために先に自分をほどいて逃げたり、あるいは一人になるのが怖いのでエリックを逃がしたりしなかったら、ベンも助かっていなかったと考えられます。

ベンが良い人間で自分よりもエリックを優先して助けたことが、エリックが助かった理由の一つになるかと思います。

大人だから当たり前なのかもしれませんが、自分の命が危ない時にそのように判断できるとは限らないと思うので、ベンが良い人で良かったですね。

 

2.インジェン社の施設にたどり着いた

二つ目の理由としては、インジェン社の施設にたどり着いたことです。

彼は、昔使われていたインジェン社の施設にたどり着くことができ、そこに隠れて一人で生き延びることができました。

もし、この施設がなければ野ざらしで生きることになるので、夜に寝ているときに襲われてしまうなど、助かる可能性はかなり低かったと思います。

インジェン社の施設が島に残っており、そこにたどり着くことができたことが、エリックが生き残ることができた大きい理由の一つになると考えられます。

 

3.アランの本を読んでいた

三つ目の理由としては、アランの著書を読んでいたことです。

エリックは、アラン・グラントの著書を読んでいたことから、恐竜に対する知識をもっていました。

そのため、イスラソルナ島に生息する恐竜たちの生態を理解して、その生態を利用してうまく恐竜から逃れることができたのだと考えられます。

その例の一つとしては、Tレックスの小便を手に入れて、他の恐竜が近づかないようにするなどの工夫をしていました。

恐竜の生態を理解し、そのうえで工夫をして生き残っていたなんて本当にたくましい少年です。

 

4.頭が良かった

4つ目に言えるのが、頭が良かったことです。

普通、本を読んだだけでは、なるほどと思うだけで、頭に残っていないことが多いですよね。

しかし、エリックは賢かったため、本に書いてあったことをおぼえており、生き延びることができたのだと考えられます。

さらに、エリックは恐竜の知識があっただけではなく、機転もききます。

アランがラプトルの群れに襲われそうになっているところを細粒団を投げて助け出しますよね。

自分の命も危ないような状況で、大人を助けるなんてとても勇敢だし、とても機転が利くと思いませんか?

そんな頭の良さを生かして、何とか恐竜から逃れ生き延びることができたのだと思います。

 

まとめ

今回は、「ジュラシックパーク3ベンの死因は?エリックが生き残っていた理由はなぜ?」と題してお送りしました。

ジュラシックパーク3で、ベンとエリックは事故に会ってしまい、ベンは助かりませんでしたが、エリックはその賢さを活かして、見事に生き残っていましたね。

自分がもしもエリックだったらあんな風に生きていけたのだろうかと考えてしまいます。

ジュラシックパークシリーズは本当にスリルがあるエキサイティングな映画ですね!

続編がないかとっても楽しみです!

 

>>博士はなぜエリーと別れた?

コメント

タイトルとURLをコピーしました