天空の城ラピュタの都市伝説の悲しすぎる結末!パズーの悲劇のエンディング・その後は?

天空の城ラピュタ 都市伝説 悲しすぎる結末 パズーの悲劇 アニメ
Pocket

今回は、「天空の城ラピュタの都市伝説の悲しすぎる結末!パズーの悲劇のエンディング・その後は?」と題してお送りします。

2022年も金曜ロードショーにジブリ祭りがやってきましたね!

2022年8月12日は、天空の城ラピュタが放送されるということで、今回もめちゃくちゃ楽しみですね!

しかし、ジブリと言ったら都市伝説もいろいろあって、ラピュタにも実はいろいろ都市伝説があるみたいなんです。

そこで、天空の城ラピュタの都市伝説や悲しすぎる結末や、パズーの悲劇のエンディング、パズーのその後についてご紹介していきたいと思います。

 

天空の城ラピュタの都市伝説や悲しすぎる結末!

天空の城ラピュタの結末は、天空の城が呪文によって崩れ落ちてゆき、パズーとシータはドーラたちとなんとか逃げることができましたね。

パズーとシータは逃げることができましたが、政府軍の方は多くが亡くなってしまったり、城に取り残されたりしてしまいましたね。

そう考えると、ジブリの中では天空の城ラピュタは悲しい結末かもしれません。

そんな天空の城ラピュタには、悲しすぎる結末があるという都市伝説まであるんです。

それは、後ほどご紹介していきたいと思いますが、まずは、天空の城ラピュタの都市伝説についてご紹介していきたいと思います。

  1. 天空の城ラピュタの元ネタはガリバー旅行記?
  2. 滅びの呪文「バルス」の元ネタはマッドメン?
  3. 飛行石の元ネタは砂漠の魔王?
  4. 飛行石のモデルはラピスラズリ?
  5. 天空の城ラピュタで伝えたかったメッセージは?

 

\Amazonが最安値!残り10点/

1.天空の城ラピュタの元ネタはガリバー旅行記?

ラピュタの元ネタは、ガリバー旅行記だそうです。

天空の城ラピュタの企画原案にもガリバー旅行記に出てきた、空中の浮島ラピュータとの記載が残っているそうです。

ガリバー旅行記の中のラピュータは、様々な学者たちが治めており、地上の島を知性によって支配していたそうです。

天空の城ラピュタも高い技術によってラピュタ人が作ったとされていたので、共通点も感じますね。

宮崎駿さんも他の作品からインスピレーションを受けて、作品を作っていったことがわかりますね。

 

2.滅びの呪文「バルス」の元ネタはマッドメン?

バルスの元ネタは、諸星大二郎さんの作品「マッドマン」だと考えられています。

制作側で明らかにされているわけではありませんが、宮崎駿監督は、諸星大二郎さんの大ファンを公言していました。

その諸星さんの作品の「マッドメン」には、「バルス」という言葉が出てきて、その意味は、「楽園崩壊」を示しているそうです。

これはかなり有力そうな気がしますよね。

一方で、また別の説もあり、トルコ語がもとになったのではということも言われています。

トルコ語で平和は「バルシュ」というそうで、確かにバルスと似ていますが、意味はむしろ逆方向な気がしますね。

皆さんはどちらの説が正しいと思いますか?

>>どうやってバルスをパズーに伝えたの?

 

3.飛行石の元ネタは砂漠の魔王?

飛行石の元ネタは、宮崎駿監督が少年時代に好きだった「砂漠の魔王」だといわれています。

「砂漠の魔王」は、「アラジンと魔法のランプ」をもとにした物語で、その中では、飛行石を使って空を飛ぶような場面もあり、命令に従う大魔神が登場したりするそうです。

天空の城ラピュタに出てくる飛行石も空を飛ぶことができるし、巨神兵を動かしたりすることができますよね。

そういった点からもとても似ている気がするので、「砂漠の魔王」が元ネタになっているのではないかと考えられますね。

 

4.飛行石のモデルはラピスラズリ?

飛行石は、レプリカのグッズもめちゃくちゃ人気ですよね。

ジブリ美術館にもバカラの飛行石が売っていますね。

ですが、飛行石のレプリカはラピスラズリで作られていることが多いようです。

アニメの中に出てくる濃い青色が、ラピスラズリに似ていますよね。

ですが、フローライトがモデルともいわれているようなんです。

フローライトの中にも様々な種類があるのですが、ブラックライトを当てると青く光るものもあるんです。

青く光るフローライトは、飛行石にそっくりですね。

>>飛行石とポムじいさんの関係は?

 

5.天空の城ラピュタで伝えたかったメッセージは?

天空の城ラピュタは、昔そこに住んでいた高い技術を持つラピュタ人が作り上げたものですが、ラピュタで疫病が流行ってしまい、ラピュタ人たちは地上に逃げて行ったようですね。

そして、地上に逃げたところ、やはり地上の方に根付いてしまい、ラピュタはそのままにされてしまいましたね。

ラピュタ人は、地球や自然を捨てて、自分たちの技術により空飛ぶ城を作り上げたにもかかわらず、その城を捨てて、結局地上に戻り、今ではラピュタ人の末裔はごくわずかになってしまいました。

そして、挙句の果てには、その高い技術で作られた城も壊滅してしまいました。

ここから、ラピュタ人に対する批判が伝わってきますね。

天空の城ラピュタでは、ラピュタ人を技術のために自然破壊をしてきた人間に例えて、科学技術の末路として批判しているのかと思います。

 

天空の城ラピュタの都市伝説:パズーの悲劇のエンディングとは?

パズーの悲劇の結末について、調べてみましたが、単なるうわさのようでした。

しかし、その噂の悲劇の結末は、とてもグロテスクで、ジブリとは思えない結末だったので、誰かが作り上げたデマなのかと思います。

その悲劇というのが、パズーとシータがドーラに惨殺されてしまうというものでした。

ですが、出所がわからないので、誰かが作り上げたデマの可能性が高いと考えられます。

>>ナウシカ巨神兵vsナウシカロボット兵どっちが強い?

 

天空の城ラピュタの都市伝説:パズーのその後は?

天空の城ラピュタで、最後はドーラたちの飛行船で帰ってくるところまでが描かれていましたね。

ですが、その後パズーはどうなるのか、シータとの関係はどうなるのか気になりますよね。

その後の話は、実は、小説に描かれているそうなんです。

 

シータはパズーに恋に落ちた?

シータは、パズーと出会ってすぐに恋に落ちていたそうです。

自分を助けてくれた上に、自分のことを心配してくれたり、守ってくれたりする男気があるところを見ると、惚れてしまっても仕方ないですよね。

小説には、シータのパズーに対する恋心が書かれていたようです。

 

パズーは飛行機でシータに会いに行く!

そして、天空の城の崩壊後、シータは故郷のゴンドアに帰り、パズーも鉱山に戻り、半年後にシータに手紙を書きます。

その手紙には、パズーが以前から作っていた飛行機が完成しそうで、完成したらその飛行機に乗ってシータに会いに行くということが書かれていました。

そして、パズーは本当に自分の作った飛行機に乗ってシータに会いに行きます。

 

パズーもシータが好き?

パズーがシータのもとを訪れるとき、パズーの手には花束を持っていたそうです。

単なる友達へ再開に花束を用意することなんてなかなかなさそうですよね。

ぱうーもきっとシータに恋心を抱いていたのかと思います。

二人はおそらく相思相愛でしょうね!

 

まとめ

今回は、「天空の城ラピュタの都市伝説や悲しすぎる結末!パズーの悲劇のエンディング・その後は?」と題してお送りしました。

天空の城ラピュタの都市伝説や悲しすぎる結末の意味、パズーの悲劇のエンディングやその後についてご紹介していきました。

ぜひ、これらの点についても注目して、金曜ロードショーの天空の城ラピュタを見てみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました