ストレンジャーシングスシーズン3のダスティンの歌の曲名は何?

ストレンジャーシングス シーズン3 ダスティン 歌 Netflix
Pocket

今回は、「ストレンジャーシングスシーズン3のダスティンの歌の曲名は何?」と題してお送りしたいと思います。

ストレンジャーシングス面白いですよね!

ストレンジャーシングスに出てくるキャラクター達もみんな個性的で、可愛いキャラクターがたくさん出てきますよね。

仲でもダスティンは、本当にいいキャラクターをしていて、シーズン3でも大活躍でしたね。

シーズン3でダスティンが遠距離の彼女と協力するシーンがあり、そこで二人が気持ちよさそうに歌っていましたよね。

そこで、ストレンジャーシングスシーズン3でダスティンの歌は何なのか、ダスティンの魅力についてもご紹介していきたいと思います。

 

ストレンジャーシングスシーズン3のダスティンの歌の曲名は何?

ストレンジャーシングスシーズン3でダスティンが遠距離彼女のスージーに歌っていた曲は、「THE NEVER ENDING STORY」ザネバーエンディングストーリーです。

これは、同名の映画の主題歌になった曲で、リマールのシングル曲になります。

作曲はジョルジオ・モロダー、作詞はキース・フォーシイによるもので、冒頭でフェードイン市最後でフェードアウトすることで、明確な始まりも終わりもないことを表現しています。

とても良いメロディーで一度聴いたら耳に残りますよね。

 

ダスティンはどんな人?

ダスティンは、シーズン1から主要キャラの一人で、カーリーなロン毛が特徴的な男の子です。

鎖骨頭蓋異形成症を抱えているということで、シーズン1では歯が生えていませんでしたが、シーズン2からは映えていましたね。

実際に演じている俳優のゲイテンも鎖骨頭蓋異形成症を抱えているということで、それが物語の中でも反映されていたそうです。

とても愛嬌があるキャラで、いろいろなことを知っていて、彼の発想で事件の解決に導かれたこともありました。

舌足らずな話し方も印象的で、それが逆に良い味を出していますね。

 

スージーはどんな人?

スージーは、ダスティンがサマーキャンプに行っている間にできた彼女で、とても頭が切れる天才の女の子です。

彼女は、少ししか登場することはありませんが、とても重要な役割を果たしてくれて、みんなの事件解決に手を貸してくれます。

シーズン3では、誰もがですティンに彼女ができたことを疑っていましたが、ピンチの時にダスティンがスージーに助けを求めますね。

みんなは彼女の存在を疑っていましたが、本当にスージーに通信が繋がったことからようやく彼女の存在を信じます。

その時に、助けるかわりに聞かせてほしいとスージーが言うので、ジャスティンが先ほどご紹介した歌「The Never Ending Story」を歌います。

ダスティンとスージー、少し変わった二人同士なのでとてもお似合いのカップルですよね。

 

The Never Ending Storyはどんな映画?

The Never Ending Storyは、1984年のドイツとアメリカのファンタジー映画で、ミヒャエル・エンデの小説「はてしない物語」の映画化作品で、ウォルガング・ペーターゼンが監督を務めました。

いじめっ子から逃げてきた少年バスチアンが、本屋さんで「ネバーエンディングストーリー」という不思議な本に興味を示し、授業を抜け出してその本を読み始めます。

その本を読んでいると、この物語の中に引き込まれ、ファンタージェンという不思議な世界に入っていきます。

そのファンタージェンという世界の中では、アトレーユという少年が世界を救うために冒険をしているのですが、物語の中で、アトレーユが本当の姿が映る鏡をのぞくとそこに写っていたのは、アトレーユではなく、本を読んでいるバスチアンであったのでした。

そして、最終的にそのファンタージェンを救うのは、バスチアンだということになるというとても不思議なお話です。

この映画が上映された年代もストレンジャーシングスの年代と同じで、ストレンジャーシングスの中ではやっていた映画の主題歌を歌っていたことになりますね。

 

ストレンジャーシングスダスティンがかわいい!

ダスティンのキャラクターは、このストレンジャーシングスの面白さを引き立ててくれる良い要素の一つですよね。

男の子ではありますが、ゆるキャラのようなかわいらしいマスコット的な要素もあると思いませんか?

そこで、ダスティンの魅力についても迫っていきたいと思います。

 

ダスティンの魅力その1:ムードメーカー

ダスティンの一つ目の魅力はムードメーカーなところかと思います。

ダスティンがいると、とても場が和みますよね。

彼がいることで、彼のおどけた感じの雰囲気がピリッとした空気を柔らかくしてくれますね。

彼のムードメーカー的な存在感が魅力の一つになるかと思います。

 

ダスティンの魅力その2:舌足らずな話し方

二つ目の魅力としては、舌足らずな話し方です。

舌足らずの話し方というと、普通は欠点になってしまうと思いますが、この作品では彼の舌足らずの話し方が良い味を出して、キャラクターの良さを引き立てていると思います。

主要キャラクターの4人は、オタクの陰キャラぞろいで、学校ではさえないいじめられっ子役ということになっており、舌足らずの話し方がいじめられっ子の要素を引き立てていると思います。

さらに、この作品をずっと見ていると、ダスティンの話し方も病みつきになってしまい、どんどん彼のことが好きになってしまいます。

舌足らずの話し方もチャームポイントとなっており、ダスティンの魅力のひとつになっています。

 

ダスティンの魅力その3:空気が読めない

3つ目の魅力としては、空気が読めないところです。

ダスティンは、天才肌のようなところもあるので、その一方で空気が読めないときもあります。

実際に友達がそんな行動をするとイライラしてしまうかもしれませんが、物語の中で見ているからこそ、話を盛り上げるのに大切な要素になってきていると思います。

ですが、空気が読めないからこそ、逆に突拍子もない発想を生み出して、事件解決への糸口をつかむこともあり、ダスティンは大活躍します。

空気が読めないところも話を盛り上げてくれるダスティンの魅力の一つです。

 

ダスティンの魅力その4:かわいい見た目

4つ目の魅力としては、可愛い見た目です。

最初見た時は、可愛いと思いませんが、ずっと見ていると癖になる可愛さで、ダスティンのファンになる方も多いと思います。

他のみんなも可愛いのですが、シーズンが進むにつれて成長していきます。

ダスティンももちろん成長していくのですが、ダスティンの童顔で特徴的な顔はずっと残っていて、成長しても可愛さが残っています。

シーズン3の最初にはダスティンが出てこなかったので、どうしたのか心配になりましたが、無事にサマーキャンプから帰ってきたので安心しました。

ダスティンの可愛い見た目も魅力の一つです。

 

まとめ

今回は、「ストレンジャーシングスシーズン3のダスティンの歌の曲名は何?」と題してお送りしました。

ストレンジャーシングスシーズン3でダスティンが彼女のスージーと一緒に歌っていた曲は、昔の映画の主題歌でもあった「THE NEVER ENDING STORY」という曲でした。

ストレンジャーシングスの中には名曲がいろいろ使われているので、曲名も気になってしまいますよね。

またジャスティンのキャラクターもかわいくて、すごく良いキャラですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました