梁田清之の死因は病気自殺?死亡理由なぜか調査!

エンタメ
Pocket

今回は、「梁田清之の死因は病気自殺?死亡理由なぜか調査!」と題してお送りします。

ベテラン声優の梁田清之さんが逝去されました。

没日について詳しいことはわかっていませんが、訃報は2022年11月21日に発表されました。

スラムダンクの赤木キャプテンや名探偵コナンのアンドレ・キャメル捜査官など数多くの作品に出演し、重要人物の声優を担当。

印象的なセリフも残していたりして、唯一無二の声優さんでした。

突然の急死になぜ?と思ってしまいますよね。

死因が病気だったのか、自殺だったのか原因について調べました。

 

梁田清之の死因はなぜ?

梁田清之さんはフリーで活動されていたようで、事務所を通じて発表がなかったようです。

そのため、親交の深かった声優の真殿光昭さんの発表によって逝去されたことが判明。

それがこちらのtwitterです。

奥様のご意向で友人の真殿光昭さんが報告されたそうです。

年齢も57歳とお若く、声優さんとしてはまだまだ活躍できる年齢でもあります。

なぜこんな若さで亡くなったのか気になりますよね?

ですが、ニュースではその死因については報じられていませんでした。

ご親族の意向で死因を公表していないようです。

 

みんなの反応は?

悲しいニュースに多くのファンの方が反応されていました。

梁田清之さんの死を悔やむ声と、彼に対する感謝の気持ちを表されている方もいらっしゃいました。

筆者もアニメのSLAM DUNKを見ていたファンの一人なので、とても寂しい気持ちでいっぱいです。

 

スラムダンクのアニメが見たい!

スラムダンクのアニメを一気見したい方におすすめの情報をご紹介します!

それが、U-NEXTのキャンペーンです!

U-NEXTは現在31日間無料お試しキャンペーンをやっているんです!

これを利用してスラムダンクのアニメはもちろん、他の見放題作品も無料で楽しめちゃうんです。

しかも、U-NEXTは、見放題作品の数が国内最大級の配信サービスなんです!

その上、U-NEXTの無料お試しキャンペーンを利用すると、600ポイントももらえるので、それを有料作品に使ったり、漫画の購入にも使えちゃうんです。

無料なのに600円もらえるようなものなんですよ!

さらには、U-NEXTでは映画館で映画を見れるチケットが、1500円分のポイントで購入できちゃうんです。

スラムダンクの映画が2022年12月に公開予定ですが、この映画を見るのにも使えちゃいますよね!(有効期限がございますのでご注意ください)

もちろん、期間内に解約したらお金は一切かかりません!

ぜひ、このお得なキャンペーンを利用して、U-NEXTをご利用してみてください!

\31日間お試し無料/

スラムダンクを一気見!

 

梁田清之の死因は病気?自殺?

あまりにも若すぎる死に、世間では悲しみの声が広がっています。

また先日スラムダンクの声優陣が一新されたことから、梁田さんの死因が気になるところですよね。

お亡くなりになられた原因について調べてみましたが、現時点での公表はされていません。

そのため、現時点では死因は明らかになりませんでした。

新しい情報が入り次第更新していきたいと思います。

ですが、57歳という若さで亡くなられたとのことで、様々な憶測もあるようでした。

そこで、皆さんの推測についてもご紹介していきます。

 

SLAM DUNKの声優変更は健康状態が悪かったから?

最近SLAM DUNKの映画での声優が、アニメの声優から一新されたことが発表され、それについても様々な意見がありましたよね。

まだ現役で活躍される方が多い中でなぜ声優を変えたのか、受け入れられない方も多かったのではないでしょうか?

もしかしたら、SLAM DUNKの中でも重要人物である赤木役の声優である梁田清之さんの体調がすぐれなかったのかもしれませんね。

そのように推測をしている方もちらほらいるようです。

 

声質変わった?喉の病気の可能性も?

梁田清之さんの声は低く、重厚な声質が特徴。

役柄的には大柄な体格の役を演じることが多くありました。

総じてみれば大柄体系のキャラクターが多かったのですが、2014年ごろから「声質が変わった?」とファンの間では囁かれるようになりました。

どうしても喉を酷使するお仕事ですから、のどの病気だった可能性もあるのかもしれませんね。

 

まとめ

今回は、「梁田清之の死因は病気自殺?死亡理由なぜか調査!」と題してお送りしました。

SLAM DUNKの映画が公開される前ということもあり、SLAM DUNKへの注目も高まっていた中での訃報でしたので、彼が亡くなったことも一層注目を浴びていたことかと思います。

57歳という若さでしたので、まだまだこれからご活躍されたのかと思うとますます寂しいですが、ご家族の深い悲しみに配慮し、ご冥福をお祈りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました