ジュラシックワールド炎の王国ブルー最後なぜ来なかった?ラストの理由を考察!

ジュラシックワールド 炎の王国 ブルー 最後 エンタメ
Pocket

今回は、「ジュラシックワールド炎の王国ブルー最後なぜ来なかった?ラストの理由を考察!」と題してお送りします。

ジュラシックワールドシリーズの最新作にして最後のお話である「ジュラシックワールド/新たなる支配者」が2022年7月29日より公開されますね。

これを記念して、金曜ロードショーでは、ジュラシックワールドシリーズを2週連続放送してくれます!

そして、公開日同日の2022年7月29日の金曜ロードショーでは、「ジュラシックワールド/炎の王国」の放送ですね。

この最後のシーンで、ブルーは主人公のオーウェンたちと一緒に来なかったですよね。

そこで、ジュラシックワールド炎の王国でブルーは最後になぜ一緒に来なかったのか、ラストシーンのブルーの行動の理由を考察していきたいと思います!

最新作の「ジュラシックワールド/新たなる支配者」でオーウェンとブルーがどうなっているのか、最新作を映画館に観に行きたいですよね!

映画を観に行こうと思ってる方に知ってほしい、映画を安く見る方法があるんです!

それがU-NEXTです!

U-NEXTに新規登録すると、映画がおよそ半額で見れちゃうんです!(゚Д゚;)

U‐NEXTは今、31日間無料キャンペーンを実施中!

さらには、600円分のポイントがもらえるんです。

このポイントを利用して、映画クーポンを購入すると、900円で映画が見れちゃいます!

もちろん、期間内に解約したら月額料金は発生しません!

こんなお得なキャンペーンいつ終わってしまうかわかりません!

ぜひ、キャンペーン実施中の今のうちに試して、お得に映画を観に行っちゃいましょう♪

\映画がお得に見れる!/

200x200 1

今すクーポンゲット!

※期間内に解約したら月額費用は1円もかかりません!

ジュラシックワールド炎の王国ブルー最後来なかった理由はなぜ?

ジュラシックワールドシリーズに出てくるブルーは、他の恐竜とは違って、人間と仲良くしていてとてもかわいい愛されキャラクターですよね。

またシリーズ最新作でも、予告映像にブルーとその子供と思われる赤ちゃん恐竜がでてきて、気になっていた方も多いのではないでしょうか?

そんなブルーですが、炎の王国では、最後にオーウェンたちから離れてしまいましたね。

何で一緒に来ないの?と思った方も多いのではないでしょうか。

そこで、ジュラシックパーク炎の王国のラストシーンについて、深堀していきたいと思います。

 

ラストシーンを振り返り

ラストシーンの考察の前に、ラストがどのように終わったのか振り返ってみたいと思います。

オーウェンとクレアは、邸宅にいた恐竜たちを助けるためにゲートを開いて恐竜たちを解放します。

恐竜たちは人間がいる外の世界へと放たれてしまうのです。

オーウェンたちが家の入口から出てくると、そこへ姿を現したのがブルーでした。

オーウェンとブルーは再会を喜び、オーウェンはブルーに対して一緒に住むことを提案しました。

しかし、ブルーはその提案に乗ることなく、オーウェンのもとから離れてどこかへと行ってしまったのでした。

 

ブルーはどんな恐竜?

ブルーは、メスのヴェロキラプトルで、4姉妹の長女です。

背中にあるブルーのラインからブルーの愛称で呼ばれるようになりました。

ノドグロオオトカゲとナイルオオトカゲの遺伝子を混ぜ合わせて生み出されたとされています。

オーウェンのもとで特殊な訓練を受けながら育てられたということもあり、今まで人を襲うというイメージのあるラプトルだが、ブルーとその姉妹のラプトルたちは言葉を理解し、命令に従って行動する能力を持っています。

わがままな娘とオーウェンから評価されていますが、オーウェンの指示には従い、彼に寄り添ったりなど、オーウェンのことを信頼し、オーウェンもブルーのことを信頼しています。

 

ジュラシックワールド炎の王国ラストブルーが去った理由を考察!

お互いに信頼しあっているオーウェンとブルーだからこそ、最後にブルーがオーウェンの元を離れていってしまうのは寂しい気がしますよね。

なぜブルーはオーウェンのことを信用して慕っているはずなのにもかかわらず、オーウェンのもとを去っていったのでしょうか。

その理由について考察していきたいと思います。

考えられる理由としては、以下の理由になるかと思います。

  1. 人間と共存できないと考えたため
  2. 恐竜の習性としての親離れ
  3. 檻に入れられたくなかったため

>>メイジーの母親は誰?

 

1.人間と共存できないと考えたため

一つ目の理由としては、ブルーが人間と共存できないと考えた可能性があります。

ブルーは、特殊な訓練を受けて育ったこともあり、とても頭が良いですね。

もともとはオーウェンのもとで育てられましたが、外の世界を知ってしまい、人間と一緒に暮らすのではなく、恐竜らしく外の世界で自由に生きるほうが自分に合っていると感じたのではないでしょうか。

そのため、これ以上は人間と一緒に暮らすことはできないと判断し、オーウェンの誘いに乗ることなく、彼のもとを去っていったのかもしれません。

 

2.恐竜の習性としての親離れ

二つ目の理由としては、恐竜の習性として、親離れをした可能性が考えられます。

動物には、本能的に親離れする修正があるものがありますよね。

おそらく、ブルーのようなラプトルでもそのような習性があったのではないでしょうか。

人間であるオーウェンに育てられましたが、十分に成長したため、親として慕っていたオーウェンの元を離れて、一人で生きていくことを選んだのかもしれません。

 

3.檻に入れられたくなかったため

三つ目の理由としては、檻に入れられなかったことが考えれれます。

最後のシーンで、ラプトルは一度小屋を見てから去りますよね。

小屋を見たときに、また狭い檻の中に入れられることを考えてしまったのではないかと思います。

外の世界を知り、以前のように檻に入れられて狭いところで生活するのは嫌になっていたのかもしれません。

再び檻の生活に戻りたくなかったため、オーウェンの元を離れた可能性も考えられますね。

 

まとめ

今回は、「ジュラシックワールド炎の王国ブルー最後なぜ来なかった?ラストの理由を考察!」と題してお送りしました。

ジュラシックワールドシリーズの人気者であるブルー、炎の王国ではお別れするという少し寂しい結末になってしまいましたね。

ですが、最新作ではブルーとの再会も描かれているようなので、ブルーがどうなっているのかとっても楽しみですよね。

ぜひ、劇場で最新作「ジュラシックワールド/新たなる支配者」を観に行ってみましょう!

実は、U-NEXTでは映画クーポンというものがあり、映画をお得に見ることができちゃうんです!

映画クーポンをゲットして、最新作の「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」もお得に見ちゃいましょう!

\映画が半額で見れる!/

200x200 1

今すぐクーポンゲット!

※期間内に解約したら月額費用は1円もかかりません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました