片井裕貴の実家は金持ち?両親の職業も徹底調査!

片井裕貴 両親 職業 実家 エンタメ
Pocket

今回は、「片井裕貴の実家は金持ち?両親の職業も徹底調査!」と題してお送りします。

同志社大学のアメフト部員4名が、女子大学生を部屋へ連れ込み、被害を加えるという恐ろしいニュースがありましたね。

アメフト部員4人もいたら、仮に酔いつぶれていなかったとしても、女性一人では抵抗できませんよね?

そんな卑劣な事件を起こしたその主犯格と言われているのが、片井裕貴容疑者のようです。

その、片井裕貴容疑者の両親の職業は何なのか、実家はどこで金持ちかについても調査してみました!

 

片井裕貴容疑者の両親の職業は何?

片井裕貴容疑者について、ニュース記事では、ご近所の方がこのような事件を起こすような人とは信じられないような発言をされていることが取り上げられており、円満な家庭で育ったとされていました。

そんななか主犯格とされる片井容疑者の実家付近からは、事件の悪質性とはまったく逆の評判が聞こえてきた。近隣住民は片井容疑者についてこう証言する。

「あそこは3兄弟で、みんな野球をやっていました。兄弟が家の前の道路でキャッチボールをやってる姿を見てました。近くの公園はキャッチボール禁止なので、人が来ないかとても注意しながらやっていた記憶があります。お父さんがスポーツマンで、厳しくしつけをしていて、あそこの兄弟は私らなんかにもきちんと挨拶してくれてました。近所でも“いい子たちに育ったねえ”と評判で、典型的な円満家庭でしたよ。彼1人でやったんじゃないでしょ。お酒か回りに合わせたのかだと思います」

にわかには今回の事件を信じられない様子だ。別の近隣住民もこう証言する。

「事件を起こしてしまったお兄ちゃんは3兄弟のうち長男。関西ではみんな憧れの同志社大学のアメフト部に入ってしっかりと活躍もしていたし、下の子たちにとっても憧れの存在でした。一流商社への就職もきまっていたと聞きます」

NEWSポストセブン

円満な家庭であることがご近所でも知られているということは、きっと金銭的にも余裕のあるご家庭ではなかったのかと予想されますよね。

そうなると両親の職業が気になってきますよね。

そこで、片井裕貴容疑者の両親の職業について調べてみました。

しかし、ご両親の職業については明らかになりませんでした。

しかし、片井容疑者の祖父が、事件後にインタビューを受けており、商売をしていることが明らかになっており、どうやら社長ではないかと推測しております。

片井容疑者の祖父は、片井容疑者を心配する両親に対して、「マイナスからのスタートでも私が支援したる、そんな心配すんな!」と励ましているようなので、それなりにお力を持った方ではないかと推測しております。

ご両親の職業は明らかにはなっておりませんが、祖父がお偉い方のようですので、恐らく良い会社にお勤めか、祖父の会社を手伝っていらっしゃるのではないかと考えられます。

 

みんなの反応は?

みなさん、今回の事件に腹立たしい気持ちでいっぱいのようです。

本当にそうですよね。

いくら円満な家庭で育ったとしても、このような結果を生み出してしまうということもあるので、家庭環境だけが問題ではないのかと思います。

このような事件が再発しないことを祈ります。

 

片井裕貴容疑者の実家はどこ?

片井容疑者の実家の場所についても調べましたが、明らかになっておりません。

片井容疑者の家族への被害を防ぐためにも公表されることはないかと思います。

しかし、片井容疑者の通っていた高校が大阪であることと、大学も同志社であることから、関西のどこかに実家があるのではないかと考えられます。

 

片井裕貴容疑者の実家は金持ち?

片井容疑者の実家がお金持ちであるという確証はつかめておりません。

しかし、同志社大学という私立の名門大学に通っていたことや、高校も大阪の私立高校に通っていたことから、清教学園高等学校に通われていたようなので、それなりに余裕のある過程であったと推測できます。

さらに、片井容疑者の祖父が、事件後のインタビューで「お盆に別荘で孫と顔を合わせた」という話をしておりました。

別荘があるご家庭ということであれば、お金持ちでないわけはないですよね。

祖父がお金持ちで、片井容疑者の家庭が普通という可能性も否定できませんが、私立の学校にも通っていたこともあり、少なくとも金銭的に余裕のあるご家庭だったのかと思われます。

 

まとめ

今回は、「片井裕貴の実家は金持ち?両親の職業も徹底調査!」と題してお送りしました。

  • 片井容疑者の実家はおそらくお金持ち
  • 片井容疑者の両親の職業は不明だが祖父は商売をしている

ということがお分かりいただけたかと思います。

容疑者4名は、自身の評価を大きく落としただけではなく、同志社大学のアメフト部、さらには同志社大学の名前もケガしたのではないかと思います。

被害者の女性が精神的な苦痛によって体調を崩されないことを祈ります。

また、このような被害が二度と起きないことを祈っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました